プレイグループ千葉校


プレイグループ千葉校について

「出来るようになる積み重ね」を大切にし、常に子供達に質問をなげかけつつ、適切なサポートを心がけている。プレイグループ独自の「クリエイテティブカリキュラム」を取り入れ、子供の興味を喚起し、積極的に自分の意見を発言出来るように工夫が凝らしてある。生徒に対する愛情も深く、やわらかい雰囲気が教室内を包む。

住所:千葉県千葉市中央区登戸1丁目10-10
URL:http://www.playgroup-chiba.com/

もくじ


・実体験で得た「日本と世界の壁」
・大好評!プレイグループだから出来るカリキュラム
・プレイグループ千葉らしさと今後の展望
・口コミ効果あり!資料請求だけではないプリスクールナビ
・他のWEBサイトや紙広告との比較

実体験で得た「日本と世界の壁」


-スクールを運営するに至るまでの経緯を教えて下さい

もともと、教育とは全く違う業種で働いていました。私自身、受験英語のみで、英語コミュニケーションでは非常に苦労した経験があります。しかし、英語が話せることとグローバルなビジネス環境で成功することは、全く別の問題です。
異なる文化の中での仕事では、言いたいことを相手に伝える力、相手を理解し、受け入れるといった総合的なコミュニケーション力がとても大切です。概して日本人は、異なる考え方にぶつかった時に、否定的になったり、自分を防御したり、「英語が話せない」という事もありますが、「自分の考えを自信を持って言うこと」、「異なる価値観を受け入れること」が苦手なように感じます。
人と異なる意見であっても、「自分はこう思う」という事を、グローバルで活躍している人はハッキリと言えるし、問題解決における視点の鋭さやコミュニケーション力に日本人との力の差を感じました。
そうした経験の中で、小さい頃からいろんな意見を言い、しっかりと受け止めてもらえる環境の中で育てば、自信を持って自分の意見を言えるようになるのではと考えたのがきっかけです。
また、趣味のテニスも影響しています。子供達に教えているのですが、ある時怪我をしてテニスが出来なくなったのです。しかし、そんな状態でも毎週末、テニスコートに行って子供たちに教えていました。その時に「自分はテニスが好きなのではなくて、子供が成長する姿を見るのが好きなんだ」ということに気づきました。その事が、ずっと興味を持ってはいたものの、踏み出せなかったプリスクール経営へと背中を押してくれたんです。

■大好評!プレイグループだから出来るカリキュラム


-プレイグループ独自のカリキュラムを採用した理由は何ですか

私は教育に対してのバックグラウンドが0ですし、1からやるのは難しいと感じていました。
その時に、教育についての情報を調べていたときに、ラーニングネットワーク(プレイグープ親会社)さんに出会いまし て、自分の教育に対する考えと近いと感じ、その日のうちに問合せをしました。翌週に見学をした時に、子供達が活き活きとしていて、尚且つ英語に楽しみながら触れている環境を見た時に、「これだ!」と感じました。
日本人が世界で活躍するには英語はもちろん必要です。間違いを恐れずに、どんどん意見を発することで、英語の問題も解決出来るのではないかと思います。
日本の英語教育は◯×式ですから、正しい英語を話そうと考えているうちに話題が変わってしまったりもします。そうではなくて、多少間違えてもいいから、自分の意見をタイミングよく言う事の方が大切だと思います。

-「英語さえ話せれば良い」という親御さんとの摩擦はありますか

そうですね。英語への関心が高い親御さんからの問合せが大部分ですから、英語を話せるようになってほしいという願いは強いです。
一方で、「週1回の4時間でどれだけ出来るようになるの?」と問われると、「出来る」というレベルにもよりますが、なかなか難しい所もありますよね。それを補う意味で、保護者に家庭でできる教材を渡して、家でも英語に触れる環境を作ってもらっています。
その時に「子供をテストするような感覚で尋ねないでくださいね」と言っています。お母さんが一緒にやっていて楽しいと思ってもらえると、より身につきやすいと思います。あとは、本部(ラーニングネットワーク)のサポートを受けて、「英語を好きな子供を育てる」というテーマで、「家でどんな事が出来るのか?」という事を対話形式のセミナーを開いたりしています。
教育への意識の高い親御さんが多いので、「親御さん方も一緒に英語教育を」というコンセプトは、非常に好評を頂いています。

ご好評を頂いているのですね

そうですね、今まで、当スクールが嫌で辞めてしまったというお子様は、まだ一人もいませんからね。入会の際に親御様の期待している事と、我々の出来る事をしっかり伝えてミスマッチを事前になくしているからだと思います。もちろん、英語ニーズの比重が高い親御様になかなか入学してもらえず、悩んだことも正直あります。そんな時には、「そもそも自分でスクール始めた理由はなんだろう」と自分に問いなおしました。そうやっていくうちにHPや口コミを通し

■プレイグループ千葉らしさと今後の展望


-他のスクールと比べた時のプレイグループ千葉らしさは何ですか

チームワークですね。スクールの雰囲気はとても良いです。もちろんしてはいけない事などのルールは厳しく教えているのですが、柔らかい雰囲気のクラスとなっていますし、私を含めてスタッフ同士のコミュニケーションがよく取れています。
あとは、先生がお子様一人一人にしっかりと向き合っています。
例えば、環境が変わると直ぐに泣き出してしまうような人見知りのお子様が入学されましたが、そのお子様のお母さんとの話の中で「雰囲気が良くて、いつも暖かく子供に接してくれる」と言われた時にはすごく嬉しかったです。安心できる雰囲気だから、子供たちが安心して通ってもらっているのかなと思います。

今後はどんなスクールを作っていきたいですか

まず、「安心できて楽しいスクール」をベースとして、先生が教えるというよりも、子供たちの成長をサポートしてあげるような役割のスクールにしたいです。
子供達は自ら成長していく力をもっていますので、その成長の度合いを押し上げていけるようにしたい。その為には子供たちに、どんなタイミングでどんな問いかけをすればいいのか、という事をさらにつきつめて、英語環境で行う幼児教育としての質を高めていきたいです。

プリスクールナビについてお伺いします。

■口コミ効果あり!資料請求だけでないプリスクールナビ


-プリスクールナビを知ったきっかけは何ですか

プリスクールのポータルサイトを探していたときに、タイミングよくプリスクールナビさんから電話を頂いたのでお願いしました。
プリスクールナビに掲載していれば、極端な話、「プリスクール」という費用も結果も出にくいワードでSEOをかけなくても大丈夫と判断しています。この周辺エリアだと、「プリスクール」よりも「子供英語」といった検索ワードが多いと思うんです。
だから、「プリスクール」以外の対策すべきキーワードにより集中して予算をかけられるんです。

どの点を気に入って頂けましたか

プリスクールナビはプリスクールに興味がある親御さんを沢山集めているし、アクセスが多いので助かっています。
あとは、親御さんが引越しをする際には、「プリスクール」というキーワードで引越し先のスクールを探す場合もあります。そういう時にはプリスクールナビが非常に便利です。様々な事情にある親御さんを網羅的に集客して頂いています。
実際に、プリスクールナビからの口コミで入学して頂きました。後は、プリスクールナビから当スクールのHPを見て入学された方もいらっしゃいます。

■他のWEBサイトや紙広告との比較


-他のWEBサイトと比較検討されましたか

そうですね。他のサイトにも掲載していますが、「少し弱く、ポータルとしてどれくらい価値があるのかな?」と疑問に思っていたりしました。コンテンツも乏しいですしね。確り管理されているのか分からないサイトが多い中で、プリスクールナビは確りと出来ていると感じました。

-WEBサイトの他に紙広告などは検討されましたか

紙広告を実施しましたが、非常に効率が悪いですね。オープン当初にはかなりの金額を出して、新聞折り込みなどをしてみましたが、コストをかけた割には全然見合っていないですね。親御さんへの「当スクールを知ったきっかけは?」というアンケートでも、複数回ポスティングを行ったマンションから入学された親御さんの回答に「検索エンジン」というショックな回答もありました。チラシの量が多くて、とても目を通していられないようです。
実際、WEBサイトからの比率が高いですね。それと、千葉ではで通われる範囲も広いので、紙広告ではカバーしきれません。やはり、狭い部分を自分達で、広い範囲をプリスクールナビで広告した方が効果的ですね。

渡辺様、本日はインタビューに御協力下さりありがとう御座いました。

※ 取材日時 2012年7月
※ 取材制作:アッション

お問い合せはコチラ

東京都のプリスクールを検索する

全国のプリスクールを検索する