ベルグレイヴ・インターナショナル・プリスクール

優しくあたたかい教室で、豊かな感性と個性が育つ


今回のお話は...Bronwyn Rissler先生(写真右)


オーストラリアから2001年に来日。ベルグレイヴで3年間教えた後、一度日本を離れ、各国の幼児教育現場で活躍。その後再び来日し、ベルグレイヴで指導にあたる。教育経験は12年以上。子供たちを惹きつける豊かな表現力があり、歌やダンス、演劇を使った指導が得意。「思い切り楽しむこと」と「規律やマナーを守ること」、双方のバランスのとれた指導には定評があり、子供たちにも保護者にも愛される頼もしい先生。(写真左は…アメリカ出身、明るく優しいSaya先生)


このスクールではこんな子が育ちます!

ベルグレイヴでは幼児期に英語を人の声で話しかけ、実際に触れ合うことを大切にしています。優しい女性教師と保育士たちが見守る、温かい雰囲気のなかで、頭も体も思い切り使って楽しみながら、英語力はもちろん、ひとりひとりの自主性を伸ばし、のびのびと豊かな自己表現力を養います。また幼児期の生活に大事な基本の生活技能を着実に身に付けさせ、けじめを持った生活習慣を指導します。プリスクール卒園までには、ネイティブの先生のナチュラルスピードの会話がほぼ100%理解できるようになります。


カリキュラム特徴
●どんな子供も楽しめる独自のカリキュラム
15年以上の教育経験を持つネイティブのディレクターがカリキュラムをプランニング。毎月テーマを決め、言葉を覚えながら関連した生活スキルまで学びます。例えばテーマが「食べ物」なら、実際の食べ物に触れながら学び、スキルとして「歯磨き」も学習。そうすることで英語を躍動的な体験として吸収していくことができるのです。さらに体育やゲーム、サイエンスも、テーマごとに取り組みます。また指導法としては、演劇やダンス、歌を積極的に取り入れています。こども達もたくさん声を発し、体を動かしながら授業に参加できるため、楽しみつつ内容にきちんと共感して学べます。どんな子でも気後れせずに参加できるので、自信をつけることができ、卒園までには自分の感情をしっかりと英語で表現できるようになります。


●アートセンス溢れる手作りクラフト
専属のアートディレクターが、子供たちの工作や教室のデコレーションなどを毎月のテーマに沿って手作りしています。赤、青、黄色というお決まりの色だけでなく、グラデーションや淡い色なども使った、配色の美しい、質の高いデザインが、子供の柔らかな感受性を刺激し、子供ならではの生き生きとした自由な表現力を引き出します。クラフトの時間には、持ち帰って部屋に飾りたくなるような、小さなアート作品が出来あがります。


●信頼のLtterland教材を活用
イギリスの老舗教材として有名な、実績のあるLetterlandの教材を使用しています。親しみやすいキャラクターとアルファベットの組合せで、フォニックスを楽しく覚えられます。ベルグレイヴでは、1~3歳でフォニックスを学びはじめれば、小学校にあがるまでに日本語と同じように英語の本も読めるようになります。


●先生&保育士さんが作る、明るく安心な教室
少人数のクラスに、いつもネイティブの先生2人と日本人の保育士さんが2人 見守って一緒にクラスを指導しています。きめ細かく生徒をケアできる環境なので、まだ幼いお子さんも安心して学ぶことができます。


保護者の皆さんへメッセージ
英語基盤の学習環境のなかで、「こどもに自信を持たせたい」「自分を表現できるようになってほしい」と思うなら、ぜひベルグレイヴに見学にきてください。難しいお勉強をするのではありません。楽しみながら、まず「英語が好きになる」という所から一緒にスタートしましょう。


ディレクター・ケイト先生の英語子育てアドバイス

Letterlandの教材は、とても親しみやすいキャラクターで、世界各国で愛されています。楽しくフォニックスが学べるので、お家での勉強にもオススメです。また日本ではあまり知られていないのですが、子供に聞かせたい音楽としてはフランク・レトさんが素晴らしいです。プロのミュージシャンでもあり、モンテッソーリ教師でもあるフランクさんの音楽は、子供だけでなく大人も十分に楽しめるクオリティです。



Letterland ABC (ペーパーバック) Lyn Wendon (著) 詳細はこちら


Time for Music Frank Leto 詳細はこちら


Letterland アルファベットソングス 詳細はこちら

ファミリーインタビュー


(母:真奈さん)
私も主人も英語を使わなければいけない仕事で、覚えるのに苦労した経験があるので、子供には苦労をさせないようにと通い始めました。ベビークラスから通い今は週に2回ですが、家では英単語が自然に口をついて出てくるようになりました。子供なりにマイペースで楽しんでいます。また、お母さん達同士も仲が良いいので、親の私にとっても通うのが楽しみな場所です。来年は幼稚園に進学する予定ですが、アフタースクールで長く続けて行きたいです。(母:ゆりさん)両親ともに海外経験があり、やはり子供にも英語をと思い通い始めました。ベルグレイヴでは、たとえば塗り絵でめちゃくちゃな色で塗っても、その色を使いたかった子供の個性を認めてくれる自由な雰囲気があります。決まりきった色でなくてもいい、というのが私のカラーに合っていたと思います。また子供が熱をだしたりして、授業を受けられなかったときは、きちんと振替授業に対応してくれるのも助かっています。


Editor'sEYE

今回編集者がまず注目したのは、受付教務の方の存在です。いつもドアを開けた所に、親切な教務さんが座っていて、お母さんや子供たちに優しく明るく声をかけてくれます。生徒ひとりひとりのことをよく把握されていて、授業の振替など細かな相談にのってくれます。彼女の優しい雰囲気がスクール全体を見守ってくれているという印象でした。  またアートディレクターの木村路得さんが作るクラフトも、ベルグレイヴの教育内容の質の高さを垣間見せてくれました。プロのデザイナーである木村さんが作るものは、デザインも配色もいわゆる“子供用”ではなく、芸術性にあふれていました。「子供にこそ本物を」とよく言われますが、ベルグレイヴの子供たちはアニメやキャラクターだけでなく、美しいデザインに触れて楽しむ機会に恵まれていることが素晴らしいと感じました。



東京都のプリスクールを検索する

全国のプリスクールを検索する